クエンティン・タランティーノ、NFTとして脚本をオークションにかける

技術や科学に関するさまざまな映像が映し出されたタッチスクリーンのLEDパネルに手が触れています。

米映画監督クエンティン・タランティーノが、1月17日にNFTとして脚本をオークションに出品した。初のオークションは、オスカーを受賞した脚本 "パルプ・フィクション "のチャプターで構成されている。オークションを推進するウェブサイトによると、各NFTはオリジナルの脚本の象徴的なシーンとタランティーノの個人的なコメントで構成されているとのことだ。

公式声明では、NFTのコレクターはタランティーノの心や創作過程を知ることができるとしている。しかし、『パルプ・フィクション』のプロデューサーであるミラマックスは、オークションに先立ち、契約違反で訴えを起こしている。脚本の権利は自分たちにあり、NFTのプロジェクトは著作権侵害であると主張しているのだ。映画が公開された当時は、NFTは存在しなかったので、既存の著作権法との関係は曖昧である。

数多くの個人や企業がNFTで儲けている。大きな利益が期待できるのは非常に魅力的で、作者は作品の再販ごとに何パーセントかを受け取ります。ゲームやファッション業界に属する企業もNFTマニアに参加しており、ナイキはデジタルスニーカーを販売している。また、多くの有名人もこの流れに乗り、NFTを販売している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja