ウォルマート、メタバースへの参入と暗号通貨の作成を計画中

ウォルマート(NYSE: WMT)は、バーチャル商品の製造・販売に関する複数の商標を登録し、メタバースに参入しようとしているようだ。

CNBCの報道によると、小売業者は、昨年末に米国特許商標庁から提出された資料を引用して、自社の暗号通貨やNFTS(non-fungible token)を作成するための申請も行っている。

Walmartは、CNBCへの声明の中で、「私たちは常に新しいアイデアを試している。いくつかのアイデアは、お客様に届く製品やサービスになり、そして、あるものはテストし、反復し、学んでいる。」としている。

Decrypt社のレポートによると、ウォルマートは、NFTに切り替える最新の小売業者となったGap(NYSE:GPS)に加わった。そのコレクションのデビューシリーズは、先週、Tezosブロックチェーン上で発売された。またNFTは、ブランドが消費者と直接つながるためのもう一つの方法と見なされている。Adidas社やGameStop社もNFTプロジェクトに積極的に参加している。

先月、WalmartのCFOであるBrett Biggsは、小売業者が暗号通貨を受け入れる可能性があると述べた。しかし、今は十分な需要がない。またCoindeskの10月のレポートによると、Walmart(WMT)は昨年、買い物客が一部の店舗のCoinstarキオスクを通じてビットコイン(BTCUSD)を購入できるようにするパイロットプログラムを開始した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja