NFTの台頭-新しいデジタルコレクティブル

ビットコインが法定通貨の代替品とみなされているように、非代替性トークン、通称NFTは、デジタルの新しい形である。

NFTは文化的な現象となっており、その宣伝効果はますます高まっています。ミーム、デジタルアート、プレイ・トゥ・アーンのゲームなど、あらゆる形態でNFTを見つけることができます。FinderのGlobal NFT Adoptionレポートによると、NFTの所有率は世界的に上昇しており、タイ、フィリピン、マレーシアなどの東南アジア諸国はNFTの所有率と認知度でトップとなっています。

それでも、NFTという言葉に戸惑い、この言葉は何を指すのだろうと思う方もいると思う。同報告書では、米国では70.6%の人がNFTについて何も知らないことが明らかになっており、もっと多くの人に認知してもらう必要があるのだ。

NFTとは

ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、資産の独自性を証明するデジタルな方法である。可換資産といえば、市場で交換可能、あるいは取引可能な一定の価値を与えるもので、1ドル札を10セント硬貨と交換すれば、同じ価値を得ることができる。しかし、非代替性のものは、そのユニークな性質から、他のものと交換することはできない。簡単に言えば、2つとして同じNFTは存在し得ないということである。

NFTというと、希少なコインやトレーディングカード、限定生産のデザイナーズウォッチなどを連想されることも多いと思う。またNFTは、そのユニークな特性から、他のものと交換することができない。例えば、モナリザのように、写真をクリックしても、画像を保存しても、原画は常に1枚しかない。模倣はできても、オリジナルはかけがえのないものなのである。

他の財産と同様に、NFTを取引することは可能であるが、有形の形態を持たない。ブロックチェーン上で担保されているため、資産の所有権が保証される。

NFTは通常、デジタルアート作品の取引に使われるが、写真、GIF、デジタルトレーディングカード、ツイートなども含まれる。しかし、本当の誇大広告は、デジタルアートの周りにある。

その仕組みとは?

NFTは、伝統的な美術品と同様に、一点ものであることに価値がある。デジタルファイルは誰でも何度でも複製できるが、NFTはブロックチェーンでトークン化されているため、複製不可能なのだ。

またNFTとして簡単に作品を売ることができるが、最近の関心と誇大広告によって、その価値は数百万ドル(数億円)にまで達しています。ジャック・ドーシーによる史上初のツイートは、なんと290万ドル(約3億3,000万円)で落札された。

なぜデジタルアートをコピーしてはいけないのか?

伝統的な芸術でさえもコピーされているのだから、NFTを複製することを止めるものは何もない。人々は何百万ものNyan Catのミームを作り、コピーし、インターネット上で共有したのです。

しかし、購入者はデジタル・トークンを所有し、原作の所有権を証明することができる。例えるなら、好きなアーティストのサイン入りTシャツを購入するようなものである。今のところ、NFTの利用は友人や家族の間で食卓を囲んで自慢する程度だが、これはほんの始まりにすぎない。

NFTを購入するには?

NFTを購入する前に、適切なマーケットプレイスを探し、正しいウォレットを選択し、取引を完了するために正しい暗号通貨を使用することを確認する必要がある。一般的に知られているNFTのマーケットプレイスは、OpenSeaとMintableである。

NFTを購入する際に考慮すべき点は、価格以外に、ブロックチェーン上で取引を完了するために必要なエネルギーであるガス料金だ。その他に、ドルから暗号通貨への変換や特定のプラットフォーム手数料がかかる。

NFTはこの数年で大きく成長したが、まだまだこれからの存在である。NFTが仮想世界での対話の仕方を変えるようなデジタル革命を私たちは待っているのだ。コンサートのチケット、不動産の権利書、お気に入りのGIFなどが、明日のNFTになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja