「NFTmall」、Chainlink VRFを統合し、NFTおよびGameFi製品にランダム性を付与

「Chainlink VRF」を統合することで、よりエキサイティングで透明性が高く、不正を防止するユーザーエクスペリエンスへと導びかれると言う。「NFTmall」は、近日発売予定の「Founder NFT Series Angry Eaglet」のランダム性に「Chainlink VRF」を使用している。「NFTmall」はチェーンリンクを使用し、中央集中型の価格フィードではなく、100%アップタイムのオンチェーン価格フィードであり、不正や改ざん防止している。それによりコレクターとアフィリエイトは、楽しみながら獲得することができる、物理的に換金可能な初のNFTマーケットプレイスだ。キャンバスからデジタルフレームまで、様々なオプションがあるそうだ。新機能は間もなくライブで提供され、世界中のNFTが利用できるようになる。

「Chainlink VRF」とは、まずNFTミントとすべての参加者のブラインドボックスによって改ざん防止と偏りがないことを保証するために、NFTへのアクセスが行われる。悪意ある操作を防ぎ、整合性を確保するために、RNGソリューションはセキュリティを考慮する必要がある。 たとえばブロックハッシュなどのブロックチェーンデータから派生したrNGは、採掘者(マイナー)が利用でき、また最先端の学術研究に基づく「Chainlink VRF」は、実績のあるオラクルネットワークだ。 「Chainlink VRF」によって生成されたブロックデータには、不明な番号と暗号証明が含まれており、より高度な技術だ。

Chainlinkは、あらゆるブロックチェーン上でハイブリッド・スマートコントラクトを動かすために必要な構築、アクセス、販売サービスの概要を示しています。Chainlinkのオラクルネットワークは、任意の外部APIに接続するインテリジェントコントラクトを提供します。さらに、これはChainLinkが現在、保険業界やゲーム業界などの多くの業界で安全な接続を提供しているため、安全なオフチェーン計算を提供することができます。ウェブサイトchainlink.comにアクセスして詳細をご覧ください。リンクを訪問し、docsでドキュメントをご覧ください。Chainsです。そこにリンクすることができます。NFTmallは、複数の規格を持つクロスチェーンのマーケットプレイスです。NFTmarketplaceは、世界初のクリエイター中心の、Defi&eコマースを駆使した、物理的に換金可能な場所です。Polygon、Avalanche、その他のネットワークでは、ライブメインネットがまもなくそれによって開始される予定です。また、NFTマーケットプレイスは、NFTmallによって強化されており、最も快適なユーザー体験と相互運用性を追求する機能を提供しています。MD Rakib Ahamedは、ウェブサイトNFTmallを所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja