キアヌ・リーブスがFacebookに「メタバース」との関わりを持たせたくない理由

ハリウッド俳優の「キアヌ・リーブス」は、メタバースについての見解を聞かれた際、「フェイスブックがメタバースの技術を使って何かをすることは望んでいない」と答えました。彼は、メタバースは新しいコンセプトではなく、長い間市場に存在していると述べました。

みんなが話しているメタバースは、未来の技術がみんなをマトリックスのようなディストピアに連れて行くものだと思うかという質問に対して、それは単なるバーチャルなコンテンツ制作であり、その経済的な制作物は暗号通貨だと答えている。

暗号通貨については、リーブスは、友人がいくつかの暗号通貨を買ったと言及している。それでも、まだ何の投資もしていないという。「私は暗号やメタバースに反対しているわけではないが、Facebookには近づかないでほしいと思っている。」と述べた。

Metaは、あなたが自分と同じ物理的空間にいない他の人々と一緒に仮想空間を作り、探索できる。友達を作る、仕事をする、遊ぶ、学ぶ、買い物をする、創作する、などの活動がすべて可能になる。そして必ずしもオンラインで過ごす時間を増やすことではなく、オンラインで過ごす時間をより有意義なものにすることが大切なのだ。また、メタバースは一企業が単独で構築できるような製品ではないとしている。フェイスブックがあるかないかに関わらず、メタバースはインターネットと同じように存在している。構築のプロセスは一朝一夕ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja