Beepleの新たなマイルストーン。NFTの実物大彫刻、2,900万ドル(約33億円)で落札

クリスティーズのオークションでBeepleの作品「Everydays」は6,900万ドル(約78億円)で落札され、歴史に名を残した。もう一つの代表作である「Human One」は、2,900万ドル(約33億円)で落札された。

Mike Winkelmannとしても知られるBeepleは、3Dグラフィック・デイリームーブメントを起こしたグラフィックデザイナーだ。彼は毎日、一日をかけ一枚の絵を描き、それを毎日オンラインで公開した。

最新のNFTは、フィジカルな人間とデジタルな人間のハイブリッドを表現している。高さ2メートルを超えるこのNFTは、メタバースで生まれた最初の人間の肖像だ。

Beeple自身はこの作品について、「オブジェクトとそのNFTの両方が、イーサリアムのブロックチェーンを介してアクセスされたアーティストの視覚的創作物のデータプールからランダムに引き出された、動的に変化するイメージを表示する」と説明している。

一方で、デジタル資産の性質に懐疑的な人たちからは、NFTは常に疑問視されている。

しかし、アートの世界で魅力的な存在になりつつあるこの技術に、私たちは注目する必要があると言えるだろう。クリエイティブなアーティストに無限の可能性をもたらすNFTは、収益と認知の新たな扉を開いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja