ファンが340,500ポンド(約5,100万円)を払ってメタバースでラッパーがNFTの隣人になる?!

メタバースで、スヌープ・ドッグのデジタルハウスの隣に34万500ポンド相当の仮想の土地を匿名で購入した人がいます。50歳のラッパー、スヌープ・ドッグは、「Snoopverse」と名付けられたインタラクティブなメタバースの世界を構築しており、メタバースの住人はすべて「Snoopites」または「Snoopers」と呼ばれることになっています。

シムズのように、彼らのアバターはSnoopitesによって作られ、デザイナーの服を着て、高級車を運転し、家を建てることができる。彼は、プレイヤーがバーチャル体験をプレイし、構築し、所有し、収益化することができるバーチャルメタバースを作成した最初のラッパーだ。

スヌープバースの住人も区画を作っているので、他の住人が訪れると利益を得ることができる。「The consequence of Sound」によると、スヌープ・ドッグの新しい隣人は、会員限定のエクスクルーシブなパーティーに参加できるという。しかしスヌープ・ドッグは、サンドボックスの唯一のパートナーには言及していない。彼らは「Hell's Kitchen」や「Deadmau5」などの商標を含むプロパティを所有している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja