日本のクリプト会社が新しいメタバース協会を立ち上げる

日本のメタバース協会に大手仮想通貨会社4社が加盟した。同協会は、一貫してメタバース開発情報をグローバルに織り混ぜ、業界の専門家と共有することを目的としている。それらは仮想通貨取引プラットフォームの「FXcoin」、暗号ウォレットプロバイダーの「Ginco」、暗号資産投資ソリューションプロバイダーの「Intelligence Unit」で、メタバース技術の普及を目的とした協会を設立した。

4つの仮想通貨会社が協力してメタバースの発展を推進

日本の協会は、Metaverseに関する関連情報を集め、インド全土の暗号専門家と共有することで、メタバースを推進している。公式の投稿によると、日本協会は情報交換に貢献し、ビジネスに関わる企業や個人の間でシナジー効果を生み出すとしている。 

メタバースは、現実の世界で成立しているのと同じように、さまざまなビジネスチャンスを生み出している。仮想現実を利用して事業を展開する東京のある企業は、約5,700万ドル(約65億円)の資本を作った。 

その他、日本のゲームプラットフォームは、日本の大手ソフトバンクが1億5,000万ドル(約170億円)を投資し、メタバースの「メタワールド」の立ち上げを発表したと報じられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja