ビットコイン、SHIB、イーサリアムはポリゴンが40%上昇する中で苦戦

Bitcoin、Ethereum、Dogecoin、Shiba Inuなどの暗号通貨は、その市場価値の壊滅的な下落に直面している。最大の暗号通貨であるビットコインの現在の取引額は50,134ドル(約570万円)で、11月には最高値、すなわち69,000ドル(約780万円)であった。

24時間以内に、CoinMarketCapに掲載されている100のうち97の暗号通貨の価格が下落しました。しかし、下落の中、PolygonのMATICトークンは40%も跳ね上がり、Metaverseも十分なハイプを得ています。

米国で金融支援が縮小し、インドが暗号通貨を禁止する計画を発表したニュースを受けて、暗号がピークに達したのではないかという懸念が高まり続けています。一部の例外を除いて、インドではすべての民間暗号通貨が禁止されており、中央銀行がバックアップする公式デジタル通貨を立ち上げようとしています。揮発性の高い暗号通貨は予告なしに価値が変動しますが、今回の急落が示すように、大きな変動は予告なしに起こることが多いでしょう。

金曜日の時点では、暗号の時価総額は3.7兆ドル(約420兆円)だったが、ほぼ1.5兆ドル(約170円)が消去され、現在の時価総額は2兆ドル(約250兆円)となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja