DraftKings Marketplace、NFLでゲーム化されたNFTコレクションを発表

National Football League Players Association(NFLPA)は、DraftKings Marketplaceと共同で、ナショナル・フットボール・リーグのNFTを立ち上げることになった。公式発表では、2022年から2023年のNFLシーズン中に、DraftKings Marketplace上でノン・ファンジブル・トークンをデビューさせることが発表されている。スポーツベッティング事業者であるDraftKings Inc.と共同でNFTベースのゲームを導入することで、ファンは、来年の初めにお気に入りの選手をフィーチャーしたゲームをプレイすることができるのだ。

OneTeam は、NFLPA と DraftKings の間の契約書の作成を支援し、現役 NFL 選手の名前や画像を使用するための公式ライセンスを DraftKings が取得できるようにしました。ドラフトキングス・マーケットプレイスのプロダクト・オペレーション担当上級副社長のベス・ベイリガー氏は、ファンダムの未来は有望であると強調しています。さらに、「Web 3.0の中でエンゲージメントとエンターテインメントの礎となるスポーツとNFTの間で増加する交わりを利用するための準備ができている組織は、DraftKings以外にはほとんどありません」と付け加えています。

トム・ブレイディが共同設立したNFTプラットフォームであるAutographとコラボレーションし、DraftKings Marketplaceは8月にブレイディのNFTコレクションをデビューさせた。また、600回目のタッチダウンパスに対して1BTCを授与し、暗号通貨への支持を示した。公式声明によると、顧客はポリゴンネットワークを介して取引を行い、仮想世界の他のプレイヤーに対して使用することができるとのこと。

NFLPAのマーケティング・ライセンス部門を兼務するNFL Players Inc.のコマーシャル・アフェアーズ部長、Sean C. Sansiveri氏は、DraftKingsのNFT体験の目的は、真のファンとのより強いつながりを築くことだと述べています。最近では、NFLはチケットマスターとも提携しています。その目的は、ブロックチェーン技術を活用することで、ファンにお気に入りの選手とのより良いつながりを与えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja