GameFiはブロックチェーンの新たな革命となるか?

ゲーム機を競って遊ぶ仲間たち

2021年のブロックチェーン技術は注目を集めた。 しかし、今年の後半は、ゲームに関連する大規模な発表や数字に圧倒された。 8月6日、「Axie Infinity」は1,700万ドル(約19億円)を生み出した。 ゲームをこれほど魅力的なものにしているのはなぜだろう。
また、この勢いの最初のバーストが終了するとどうなるだろうか。 GameFiのゲームは、従来のゲームとは異なり、 オンチェーンのスマートコントラクトを通じて、アセットの所有権はGameFiではなくプレーヤーによって決定され、ゲームのアセットは開発者ではなくプレーヤーに属する。
プレイヤーはこれらの資産の所有権を持ち、オープンな暗号市場で他のプレイヤーとNFTまたはトークンを交換できる。しかしプレーヤーは、DAOを介してゲーム内のアップグレードや変更に参加するため、ある程度のレベルが求められる。

人気のあるGameFiプロジェクトの問題としていくつかある、それは純粋にお金を稼ぐための手法となっていること。つまりゲームに金銭的な動機があるからといって、必ずしもゲームが面白くなくなるとは限らないということだ。ゲームが収益を上げるのに十分なお金を稼げば、プレイヤーは離れていく。しかしフィリピンのような国で生計を立てている人たちは、それでも今はそれが日々の収入だ。Dappradarのレポートによると、トップ10のうち4つのゲームが「GameFi」によって占められている。イーサリアムの6倍にもなる秒単位の送金額が増え続けているという。全体の「TVL」のほとんどがそうであるにもかかわらず、低い取引速度と高いガス料金が、一般ユーザーがブロックチェーンの世界に参入するための障害となっている。

それに比べてBSCは、以下の理由でGameFiに適したブロックチェーンを持っている可能性がある。イーサリアムは、1日の取引量とユニークなアクティブアドレスの数が堅調だ。アクティブアドレスについては、Ethereumは1日あたり40万から60万が変動している。BSCの1日あたりの取引量は150~200万で、イーサリアムの約3~5倍になる。この2つの1日の取引量の差は13倍にもなる。またBSCは、より高い取引効率と低いガス料金が魅力的だ。第二に、BSCのインセンティブプログラムを通じて、ほとんどのGameFiプロジェクトを選定。これらのプロジェクトには1万ドル(約120万円)の助成金が与えられ、「CeriBSC」による完全なセキュリティ監査を経て、今年の7月に受賞者リストが発表された。過去30日間で、BSCのトップ5ゲームは「CryptoMines」「ETERNAL」「Mobox」「Bomb Crypto」である。ユーザー数と取引数が増え続けるにつれ、ゲームのトークンの価格も上昇している。1ヶ月前に比べて16倍の価格となっており、10月24日時点では572ドル(約6万5,000円)だった。

P2Eゲームに参加するプレイヤーは、確かに大きな報酬を得ることができる。この恩恵により、ブロックチェーン技術の楽しみ方や採用率が高まる可能性がある。しかし、「GameFi」には解決すべき多くの課題が残っている。「GameFi」には好ましいエコシステムが必要であり、イーサリアムが最適化される必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja