AIロボット「Sophia」、メタバース登場でトークン化へ

バーチャルアニメ

人型の人工知能(AI)ロボットとして有名な「Sophia」のバーチャルアニメ版が、Metaverse(メタバース)のプラットフォーム上でトークン化され、オークションに出品されます。これは、"Noah's Ark "と名付けられた新進気鋭のMetaverseプロジェクトの一部です。Sophiaは、香港の企業Hansen Roboticsが2016年に開発したロボットです。彼女は、その会話力と明瞭な話し方で、世界中で知られています。開発後、Sophiaは国連で使用され、当初はサウジアラビアの市民権を取得していました。

ハンセン・ロボティクスの前CEOであり、Sophiaの共同設立者でもある同氏は、今月初め、「Sophie beingAI」と名付けられたロボットのバーチャルアニメ版を発表しました。この発表は、彼らの新会社であるbeingAIの永続的なライセンスおよび共同ブランドのパートナーシップのもとで行われました。

beingAIは、iNFT(intelligent Non-fungible tokens)の製造会社である「Alethea AI」と提携し、12月16日に開催されるIntelligent IGO(Initial Game Offering)に向けて、BinanceのNFT市場で100個のiNFTを製造しました。オークションは5日間にわたって行われ、12月21日に終了するまで、定期的に20個のiNFTが公開されます。
このiNFTとは、プログラム可能性を付加したAIパーソナリティに知能を埋め込んだ画期的なNFTのこと。インテリジェントなNFTは、ゲーム化された環境で、人とリアルタイムで自律的に対話することができる。

100のiNFTは、Alethea AIの分散型メタバースプロジェクト「Noah's Ark」にサポートされます。このコレクションは「The Transmedia Universe of Sophia beingAI」と名付けられており、両社の提携を正当化しています。

このコレクションのイラストは、DC ComicsやMarvel ComicsでBatman, Superman, Noah's Ark, starring Alethea AIなどの作品を手がけてきたアーティストのPat Lee氏が担当しています。
SophiaがNFTに関わるのは、今回が初めてではない。Sophiaは、3月にNFTのオークションを開催した。Cointelegraph(コインテレグラフ)がこの取引を発表した。Sophiaは、幸せ、悲しみ、そして面白い顔をする人が感情を示すことができることを示した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja