Gaia EverWorldがPolygonの支援金を受け、Binanceと提携してNFT Landのプレセールを実施

抽象的なデジタルブルーの背景。宇宙技術を組み合わせた背景。3Dレンダリング

資金の獲得に成功したGaia EverWorldチームは、Binanceと提携しNFT販売の実施を発表した。彼らはPolygon(ポリゴン)財団から多額の寄付金を受け取った。またこのLand(土地)の売却により、Gaia EverWorldはメタバースにおける強力なポジションを確保することを目指している。

現在ブロックチェーンゲームが最もホットな産業の一つになっていることは否定できず、同社はこのニッチな分野で実績をあげたいと考えている。またNFT技術を活用することで、P2Eモデルを採用し、メタバースでの収益機会を模索する計画でもある。polygon(ポリゴン)のテクノロジースタック上に構築されたこのプロジェクトは、より優れたスケーラビリティと、より効率的なトランザクションを実現する。さらにプレイヤーは、自身で王国を築き、土地を探索し、戦闘し、特別なアイテムを収集することが可能なゲームだ。

ゲーム内のキャラクターなどをゲーム世界の中で所有することができる。ゲーム内では、様々なゲームモードが用意されており、多元的な世界を楽しむこともできる。プレイヤーはレベルアップすることで、より強力になり、時間と共に価値を増していくのだ。ガイアゴールドや$GGトークンを使って、ガイア族を育成することに使用ができる。そしてすべてのトークンは、分散型および中央型の取引所で自由に取引可能だ。

ガイア・エバーワールドのエコシステムは継続的に進化しており、ユーザーから注目を集めている。様々なIDOにまたがる販売は全てすぐに完売しました。トークンの価値が$0.16から$4.5に達したため、投資家に健全なリターンがもたらされました。

Polygon(ポリゴン)財団からの支援金はさらなる話題を呼び、このP2Eブロックチェーンゲームへの期待が高まった。そして盛り上がりを見せる中、Binance NFTとGaia EverWorldのコラボレーションが発表されたのだ。Binance(バイナンス)は、今後発売されるGaia Elite Club NFTコレクションに独占サポートを表明した。さらに、これら全てはGAIAトークンをBinanceスマートチェーンにもたらすための道を開くものだと語っている。またこの土地売却はメタバースへの入り口として機能するだろうと。

今年に入り、Gaia EverWorldはBSC Station、Basics Capital、Aussie Capital、AU21などの注目すべきブロックチェーン投資家から約370万ドル(約4.2億円)のシード資金を集めた。

Gaia EverWorld(ガイア・エバーワールド)とは

ブロックチェーン上に構築される次世代ゲームである。プレイヤーにゲーム内キャラクターの完全な所有権を与えることで、P2Eモデルでお金を稼ぐことができるのだ。プレイヤーはプラットフォーム上にいながら様々なアクションを行うことができ、真に没入感ある体験を楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja