科学者のSomdip DeyがAIを使い、音楽やNFTアート作品を制作した資金で、生ゴミのスタートアップ企業に資金提供

エセックス大学でコンピューターサイエンスの講師を務めた後、Somdip Dey(ソムディップ・デイ)はスタートアップ企業の設立に興味を持ちました。食品廃棄物関連のスタートアップ、Nosh Technologiesは、ベンチャーキャピタルとの取引がうまくいかず、なかなか日の目を見ることができない企業だった。 

インドに生まれ、Soma Dey(ソーマ・デイ)とSomdip Dey(スディップ・デイ)という芸術家の両親のもと、音楽に恵まれた環境で育つが、悲惨な事故に遭いゴミ箱から食料を調達して生きていた彼は、興味ある音楽から、家庭の食料廃棄を減らすことへと目標を移していった。

その苦悩から、国内の食品廃棄を減らすために最新技術を採用した人工知能(AI)ベースのテック企業、Nost Technologies(ノストテクノロジーズ)を共同設立することになった。 

noshプロジェクトは、今年のはじめにPlug and Play Venturesから出資を受けていた。しかし、この取引はうまくいかなかった。デイは、従業員と会社の運営をサポートするために、音楽とアートワークを作成できる2つのAIアルゴリズムを構築した。彼はアートワークをさまざまなプラットフォームで販売し、ストリーミングアプリで音楽から収益を得ている。

これらの方法は、一見、型破りで、相当額の資金を生み出すにはふさわしくないが、実は彼の起業のための十分な資金を集めるのに役立っていた。 

彼は「インテリデイ」という芸名で音楽をやっているが、この芸名は辛いときにいつも心を癒してくれた。さらに彼は、自分の創作活動は感情に大きく左右されると付け加えます。AIアルゴリズムの助けを借りて彼の感情を翻訳することで、曲の長さや音楽ジャンルを決定しているのです。数時間以内に、音楽が出来上がります。プレイリストをフィルタリングした後、最も気に入ったものを世界に公開する。 

最近、ニューオリンズのバウンスミュージックシーンに出会い、その影響を受けて「Twerk That Ass」というトラックを制作しました。

「10代の頃、"Steve "の音楽に出会ったんだ。 ティエストアーミン・ヴァン・ブーレンそして エリック・プライドス、そして、いつも彼らから刺激を受けていました」と語った。しかし、自分で音楽を作る知識はゼロだったため、常に好きなアーティストに頼っていた。しかし夢であったプロジェクトの契約が破談になったとき、彼は実際にスタートアップの資金調達の方法を探し始めたのである。 

そして最終的に高度な技術のおかげで、彼は音楽やアートワークを作るAIアルゴリズムに行き着いた。これまで、彼はそれらをリリースして自分の会社の資金を生み出してきた。彼は自分の好きな音楽を作り、そこから多額の収入を得ることができる自分の経験を素晴らしいと表現している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja