Wikipedia(ウィキペディア)共同創設者が、創業時のパソコンと最初に編集した百科事典のNFTをオークションへ出品

Wikipedia(ウィキペディア)の共同創設者であるJimmy Wales(ジミー・ウェールズ)は、オンライン百科事典の最初の編集したデータをNFTにしました。彼はこのデジタルトークンをロンドンのオークションハウス、クリスティを通じて販売している。また、彼がWikipedia(ウィキペディア)を立ち上げた時に所有していたStrawberry iMacもオークションにかけた。売却は12月3日から15日の間に行われ、資金の一部はWT.Socialの支援に充てられる予定だ。これは、創業者が健全なソーシャルメディアプラットフォームを作るために行っているものと語る。

そして、「私が初めて "Hello, World!"と入力してWikipediaを立ち上げてから20年以上が経ちましたが、今でもその規模と幅に驚かされています」と公式声明を発表しました。ウェールズは、この節目はプラットフォーム上でボランティアによって行われた仕事を評価する機会であると強調した。また、ウェブサイトを改善し、読者に有益な知識を提供するためのさらなる努力を促すものです。

オークションを実施しながら、クリスティーズ・アメリカのボニー・ブレナン社長は、"クリスティーズは、ウィキペディアの誕生を世界レベルで祝福する機会を与えてくれる、The Birth of Wikipediaを紹介することを光栄に思います。"と語っています。

Wikipedia(ウィキペディア)の誕生とは

オークションは「ウィキペディアの誕生」と名付けられ、NFTとiMacが出品されました。ウィキペディアの最初の編集は、立ち上げ日にウェールズ自身が作成した「Hello, World!」と読みます。NFTは、20年前のウィキペディアと同じデザインとレイアウトになっています。興味深いことに、NFTは所有者が編集することができ、タイマーによって時間が経つと元の状態にリセットされます。このようなNFTは、他に類を見ない。

クリスティーで販売された "The Birth of Wikipedia "には、もうひとつ、ストロベリーiMacが含まれています。彼はこの特別なコンピュータを使ってウィキペディアを開発し、2001年1月15日に公開しました。その後しばらくは、ウェブサイトの改善と更新のために使い続けられました。その後、ウェールズ氏の娘さんが所有し、このマシンでゲームをしていたそうです。本機はオリジナルの箱に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja