今後メタバースがNFTの売上を左右する

デジタルランドは、ただでさえ高い収益性を誇る市場に、更に高い需要をもたらしている。ノンファンジブル業界の指標となるプラットフォームでは、NFTの売上が3億ドル(約345億円)を超えたことが示されている。そのうちの約4分の1がSandboxメタバースのデジタルランドの売上によるものだ。 

NFT メタバースのトップ10のうち、トップ5のコレクションの売上は、それぞれゲーム内のデジタルランドのものだった。The Sandboxでは、 合計で 7,000万ドル(約80億円) を4433アセットで販売した。先週、50,000Manaから225,000Mana(758,250ドル/8,700万円)までの範囲でメタバースのNFT販売で最も高額だったのは、イーサリアムベースのVRプラットフォームだったからだろう。Decentralandは、過去7日間に399の資産を含む660万ドル(約7億6,000万円)を取引した。CryptoVoxelsは81の資産で65万ドル(7,500万円)程度の取引を行い、Somnium Spaceは49ドル(約5500円)だった。 

ブロックチェーン技術とノンファンジブル・トークンをベースにしたインターネット上の没入型バーチャルリアリティ体験の背景には、オンラインでアイテムを購入して所有するという考え方があります。ゲーム内で購入を行うと、そのアイテムはあなたの所有物となり、自由に保有したり取引したりすることができます。 

12月2日までの1週間で、6,000人以上のトレーダーが売却した中で、約1億600万ドル(約122億円)のメタバースの土地が売却された。間違いなく、メタバースの土地はNFT空間における次の大ヒット商品だ。仮想世界とNFTは、クリプト業界における新たな高成長商品だ。というのも彼らは記録的な販売数を生み出しており、仮想不動産投資会社は259区画に913,000ドル(約1億500万円)を費やしている。またNFTマーケットプレイスで取引された上位2つのコレクションは、Opensea、Sandbox、Centralだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja