イーロン・マスク、NFTがドルを「Jpeg」していると考える

あたなはNFTの今後をどのように考えていますか?NFTを使ったマーケットでの取引は、月に20億ドル(約2,270億円)の利益をもたらすと言われており、非常に収益性の高い産業だ。投資家はこの業界の成長と勢いを知るためにより多くの情報を求めている。このNFTの可能性に関するTwitterの投稿は、暗号通貨の専門家であるBilly MarkusとElon Musk(イーロンマスク)によって行われた。

非代替性トークンとは、ブロックチェーン上に保存されたデータがユニークな単位だが、交換可能な価値はない。NFTは個々のデジタル資産の所有権も提供する。写真、ビデオ、オーディオ、その他のデジタルファイルは、これらの資産の形態をとることができる。NFTを扱うには暗号通貨業界に精通していることが重要だ。

Dogecoinの作者であるBilly Markusは最近、暗号通貨に関するスレッドを作成しました。彼は、2013年以降に多くの変化があったことを指摘しています。興味深いのは、違いを列挙する際、彼は業界に「JPG」が加わったことだけを強調したことです。

すでに述べたように、NFTはデジタル資産の代名詞である。開始以来、400万ドル(約4.5億円)だった取引高が月20億ドル(約2,270億円)になったほど市場は好調だ。NFTの取引量が前年比38,800%増となったように、業界では顕著な高騰が見られた。NFTのJPGは暗号業界に新たな局面をもたらしているのだ。

イーロン・マスクはその考えに賛同しつつも、"NFTはドルをjpegingしている "とツイートし、一捻りした反応を示しました。通常、jpegingは低品質の画像に使われるスラングだ。マスク氏は、NFTがドルに代わる決済手段、あるいはドルの価値を下げることを指しているのかもしれない。2021年にNFT産業が急成長したことから、マスク氏は今後の有望な可能性を見出したのかもしれない。

また複数のプロジェクトや報告書からNFTは成長するビジネスであり、今後も続くと言われている。

NFT Airdrop(NFTエアドロップ)とは
エアドロップとは、トークンを無料で配布してプロジェクトのプロモーションを行うマーケティング戦略です。興味のある投資家は、市場での正式なデビュー前であっても、これらのトークンを収集することができます。現在、5つのプロジェクトがこの戦略に取り組んでいます。

NFT Decentralized Game(NFT分散型ゲーム)とは
NFTは、暗号通貨ファームのエキサイティングな手法を導入し、ゲーム業界を破壊する道を歩んでいます。彼らは、投資家が遊ぶことによってお金を稼ぐことができるブロックチェーンゲームを通じて、Play-to-earn(P2E)を開始しました。注目すべきゲームは、Decentraland Wolf Game、Axie、Infinity、Alien Worldsなどです。

噂を信じれば、人気ゲーム「ファームビル」もブロックチェーンエコシステムに追加されることになります。ジンガのCEOであるフランク・ギボーは、「(私たちは)一人で遊ぶよりみんなで遊んだほうが楽しいと考えるソーシャルゲーム会社です。だから、我々の文化の一部として、我々は革新し、新しいことに挑戦するのが好きなのです。"

しかしNFTはまだ発展途上であり、市場での将来性を予測することは困難でもある。このツイートは、他の読者が違う解釈をする可能性もあるので注意して見てください。NFT業界がどうなっていくのか、一緒に見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja