「Ape Traders」NFTコレクションが12月6日に発売

Ape-Tradersは、12月6日に開始される猿をテーマにしたNFTのコレクションを発表した。これは、7,777個のNFTのコレクションで、オーナーに様々な特典を提供するものだ。特典には、NFTプロジェクトの最新情報を毎週届ける「The Jungle」へのアクセスや、専用Discordチャンネル「The Temple」などがある。

NFTコレクションには、すでに「退屈な猿のヨットクラブ」「ちび猿」「野生の猿のギャング」があるが、今回、「猿のトレーダー」が加わることになった。動物のNFTは、すでにNFTクリエイターやコレクターの間で大流行しているが、この新しいコレクションは、その熱狂に拍車をかけることだろう。公開ミントは、米国東部時間午後9時に開始される予定だ。

レアリティツールは、同じ日に発売される他のNFTのリストをまとめた。"Coalition Crew "と "Metafrens "が公開ミントを開催している。

「Ape Traders」公式サイトにて、先着100名にのミントチャージが還元されることが発表された。プロジェクト開発者は、支援に対する感謝の意を示している。

猿のNFTの所有者は、いくつかの特典を享受することができる。まず、開発者が「ジャングル」と呼ぶ場所にアクセスできること。これは会員専用のスペースで、これから誕生する注目の新プロジェクトに関するレポートを毎週閲覧することができる。つまり、お気に入りのNFTをいち早く手に入れることができるのだ。

次に、Ape Tradersの所有者は、所有者特典であるプライベートDiscordチャンネル「The Temple」に参加することができる。このチャンネルでは、オーナー同士が交流し、NFTに関する最新情報を得ることができる。

また他にも、ホルダー用のエアドロップや限定グッズなどのアイデアも考えているそうだ。

猿のNFTは以前から市場に出回っており、NFT愛好家の間で絶大な人気を博している。動物をテーマにしたNFTコレクションは市場でセンセーションを巻き起こしており、このベンチャー企業も例外ではないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja