What is NFT(NFTとは)?

最初のNFTは2014年にKevin McCoyによって作られたが、実際に認知が広がったのは2021年になってからだ。暗号通貨の世界に精通している人であれば、この言葉について聞いたことがあるはずだ。しかし暗号通貨に慣れていない人は、この現象にまつわる熱狂を感じるのは難しいと感じるかもしれない。
アートから音楽まで、これらのデジタル資産はエキゾチックな商品のように販売されてる。しかし、ここで考えなければならないのは、NFTはこれからも存続するのか、それともバブルが弾けるのかといういうことだ。しかしあなたがNFTの可能性を信じるかどうかにかかわらず、NFTが世界を席巻していることは否定できない。この記事では、NFTについて詳しく紹介しよう。

 NFTの理解

まず、NFTがNon-Fungible Tokenの略であることを知ってください。文字通りの意味では、Non-Fungibleとは、ユニークで何にも置き換えられないものを意味します。例えば、1米ドルは腐りやすく、別の米ドルと交換することができます。一方で、モナリザは値段がつきません。なぜでしょう?なぜかというと、それは一点ものであり、同じ価値を持つ絵画は他にないからです。

第二に、NFTは現実の物体を表す検証可能なデジタル資産だ。他の暗号物と同じソフトウェアでエンコードされているため、ブロックチェーン上で簡単に取引することができる。所有者は、デジタルリソースの所有権を主張でき、他の人がそれをどのように使用するかをコントロールすることもできる。

 その仕組みとは?

すべての取引を記録する分散型の公開台帳であるブロックチェーンのことはよく理解しているだろう。通常、イーサリアムのブロックチェーンにはNFTが格納されているが、他のいくつかのネットワークでもNFTがサポートされている。NFTは、現実世界のあらゆるものをデジタルで表現できるのだ。

NFTを一度に所有できるのは一人だけで、その人に唯一の権利が与えられている。またブロックチェーン技術により、それぞれの背後にある所有権を容易に追跡・確認することができる。そして愛好家たちはNFTを集めて、将来の取引のために保管しているのだ。つまり、購入者は物理的な資産を所有する代わりに、デジタルファイルを所有するのだ。

 暗号通貨とはどう違うのか?

イーサリアムはビットコインと同じ暗号通貨ですが、そのブロックチェーンもNFTをサポートしています。唯一の類似点は、プログラマーが同じプログラミングを使って作成していることです。物理的なお金であれ、暗号通貨であれ、どちらも互いに交換することができ、ファンジブルなものとなっています。逆に、NFTにはそれぞれデジタル署名があるので、交換は不可能です。

同じアーティストであっても、1つのNFTと他のNFTは同じではありません。Beepleのビデオは$660万円で販売されたのに対し、TwitterのCEOは最初のツイートを$290万円以上で販売しました。限定版の商品と比較することもできます。簡単に言えば、簡単に手に入るものに希少性を持たせ、それを証明するために本物の証明書があるということです。

 結論

NFTの将来性についてはまだ不透明な部分もありますが、テクノロジーの世界では波紋を広げており、新たな展開を見せるたびにその重要性が増しています。世界がよりデジタル化するにつれ、メタバースや仮想世界での資産の所有は、NFTなしでは不可能になります。それゆえ、NFTはこれからも存在し、その実用性と価値は時とともに高まっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja