Sandboxの価格:暗号通貨「SAND」の価値と今後の価値についての専門家が予測

1ヶ月前までは無名だった暗号通貨「SAND」が、暗号業界で評判になっている。現在6ドル(約700円)強の価値があるこのトークンは、メタバースのプラットフォーム「The Sandbox」から生まれた。2週間でその価値は3倍になった。SANDトークンはERC-20トークンの標準バージョンであり、所有者はそれをステークして、その報酬から利益を得ることができることを意味している。SANDとは一体何なのか、そしてなぜ突然人気が出たのか。この記事を読めば、あなたが知るべきことがすべてわかる。

暗号通貨「SAND」とは?

Pixowlは、ブロックチェーンベースの仮想世界「The Sandbox」を開発し、人々がメタバースを作成して探索できるようにした。2018年8月、Animoca BrandsがモバイルゲームとPCゲームを買収し、ブロックチェーンに導入した。水、土、稲妻、溶岩、砂、ガラスなどの要素を使って、人々が仮想世界にさまざまな空間を構築するなど、「Minecraft」との類似点がある。また、様々なタスクがあり、それを達成することで報酬を得ることができる。例えば、異なる材料を混ぜ合わせて、新たな資源を作り出す、などだ。これらの世界は保存され、公開ギャラリーにアップロードされる。これは、DAO(Decentralised Autonomous Organizations)とNFT(Non-fungible Tokens)の力を組み合わせることで可能になる。

しかし、何が原因で価格が高騰するのだろうか?10月、SANDの価格が大幅に上昇したのは、フェイスブックが正式に社名変更を宣言したイベントと重なったからだ。マーク・ザッカーバーグは、アバターの形で人間の交流を可能にするデジタルユニバースのメタバースについて、いくつかのコメントを発表した。マーク・ザッカーバーグは、アバターで人と人との交流を可能にするデジタルワールドのメタバースについていくつかのコメントを発表し、フェイスブックの年次総会では、会社の焦点が今後のトレンドに変わっていくことを強調した。このような強力なハイテク企業がメタバースのアイデアを始めたことで、株価は上昇した。さて、次は何が起こるだろうか?SANDの長期的な見通しは楽観的である。

以前述べたように、とてつもない勢いがあり、リターンを変化させる可能性のある投資家は、SANDのような銘柄を好む。現在、時価総額はわずか40億ドル(約4,600億円)だ。しかしメタバース空間をめぐる膨大な関心と、ブロックチェーンベースのメタバースゲームが持つ意味合いを考えると、これはあまり知られていないコインであるため、大きなリスクもある。

英国の金融当局は規制していないが、人々は自分で投資している。投資したものをすべて失う覚悟があれば、それが一番いいと思える。すべてがリスクなのだから。ただし、Shiba Inuなどのミームコインは安全だ。金融行為監督機構(FCA)は1月に、投資家の資金には一般的に非常に高いリスクが伴うと警告している。消費者がこれらの商品に投資する場合は、全財産を失うことを覚悟しなければなりない。リスクについては、資産運用会社「Hargreaves Lansdown」のSusannah Streeterが以前に説明している。ほとんどの暗号通貨は、ボラティリティーが高いため、規制されていない。また、保護も当然ない、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja