日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」がXANAとメタバース&NFTゲーム化

国際的なエンターテイメント大作が最先端のテクノロジーと融合!

NOBORDERz (ノーボーダーズ:CEO Rio Takeshi Kubo)が開発を行うWeb3.0メタバースXANA(ザナ)は、日本と韓国からトップアーティストが参加することで話題急騰中のオリジナルアニメ&ミュージカルプロジェクト「FLAGLIA(フラグリア)」のメタバース展開およびNFTゲーム化を行うことを発表した。これにより「FLAGLIA」は、アニメ、ミュージカル、NFT、メタバースと同時展開される初のマルチメディアミックスプロジェクトとなります。

「FLAGLIA project」は2023年に放送されるオリジナルアニメ「FLAGLIA」と、アニメとは異なる時代を描く「ミュージカル『FLAGLIA THE MUSICAL』~ゆきてかえりし物語~」が2023年2月に日本青年館ホールで上演されるメディアミックスプロジェクトです。

原作・脚本は高殿円。
アニメは製作をスタジオガイナ。
主題歌・挿入歌を日本でのアリーナツアーを大成功させたKPOPの人気グループ、THE BOYZ(ドボイズ)が提供し、ミュージカルだけでなくCVでも出演する日本を代表するボーカリストである堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、同じくKPOPアーティストのユナク(SUPERNOVA)と共に声優にも挑戦しています。
また、ミュージカルには日韓合同グローバルグループ・NIKのメンバーが出演することも話題となっています。

XANAは現在世界的に最も注目されているWeb3.0型のメタバースの一つであり、先月10月に9時間で6億円分のメタバース上の土地をNFTとして販売するなど、日系のプロジェクトとしては史上最大規模のNFTセールを記録し話題になった。本年7月の主要取引所への同時上場やULTRAMAN、鉄腕アトムなど世界的な日本産IPの初のNFTゲーム化など、最先端の取り組みを国際的に展開しています。

特定の企業が所有するのではなく、ユーザー自身が土地やプラットフォームの権利の一部をブロックチェーン上で所有することができるWeb3.0および非中央集権的なメタバースの仕組みが熱狂的な人気を集めています。

XANAは現在、原作をもとにXANAメタバース上で展開されるゲームを開発しています。複数の時代に渡る世界観と、魔法使いという同作品の要素を活かした多人数参加型のアクションゲームとなり、アニメの豪華スター声優陣も参加予定。また本ゲームのアイテムやキャラクターなどのアセットはXANA独自のプロックチェーンであるXANAチェーンを生かしたNFTとして販売されることにより、全世界的な販売を可能とし、既存のゲームと違い半永続的な資産の所有権をユーザーが保有することを可能にしています。ゲームとNFTのローンチは2023年を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja