日本の戸田市、学校教育にメタバースを導入へ

メタバース

このシリーズでは教育的と治癒的な観点から、このメタバースでの癒し方を紹介していく。日本の埼玉県戸田市では、増加の一途を辿る不登校問題に対処するためメタバースツールを採用した。なおメタバース教育を受けるには、大学からの許可証が必要になる

「バーチャル授業を受け、良い成績を取る」これはとても画期的なことであり、戸田教育長は、このプログラムに参加した子どもたちが、いずれ自立し独自に生活するようになることを望んでいる。「現実の世界よりネットの方が話しやすいし、人間関係もうまくいく」と、ある小学5年生の子どもは話している。

文部科学省が行った調査によると、2021年に30日以上学校を休んだ生徒は24万4940人に上り、これには、新型コロナのパンデミックが影響している。また2020年の自殺者が過去最多となった理由としても、新型コロナの影響が大きいと弁明。

東京大学では7月、一連の工学部教科過程が今年後半にはメタバースで提供されると発表した。また中国初のメタバース専攻のうち、南京大学ではメタバース関連分野で活躍する人材育成を計画している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja