科学者らは脳を脳細胞培養装置に接続し、ポン・キホーテのような宇宙ゲームをプレイする

メタバース

メタバース最新情報。オーストラリアの科学者たちが脳細胞培養をコンピュータと接続し、生物学的コンピューティングの重要マイルストーンとして、ビデオゲーム「ポン」をプレイした。

「DishBrain(ディッシュブレイン)」と名付けられたこの実験は、ネズミとヒトの幹細胞から培養した約80万個の脳細胞を、ソフトウェア・インターフェースに接続した上に構成されている。

細胞培養の感覚領域を刺激することで、位置をディッシュブレインへ伝達する。パドルを上に動かすと細胞が1組の運動ニューロンを発火させ、下に動かすともう1組の運動ニューロンを発火させる。というメカニズムになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja