スリーアローズNFTコレクションを清算人が押収

NFT

清算人は、低迷するクリプトヘッジファンド、スリーアローズキャピタルが蓄積した膨大なNFTポートフォリオを掌握した。これにより、管理者が同社の財務上義務の一部を果たすために、膨大な量のNFT特売準備が整ったことになる。

昨年、スリーアローズは100万ドル(約1億4500万円)のNFTコレクションを積み上げるという壮大な計画を打ち出した。その結果、「Starry Night Capital(スターリーナイト・キャピタル)」というファンドを立ち上げた上で、彼らの非金融業の面倒を見ることになった。

これにより、スリーアローズは35億ドル(約5082億円)もの負債を抱えることになったが、それ以前に話題騒然となった一連のNFT案件には推定で3,500万ドル(約50億円)を費やしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja