タイのトランスルーシア社、30億ドルのメタバース・プロジェクトにインドのサノバテック社を選定

メタバース

タイのトランスルーシア社が、30億ドル(約4340億円)のメタバース・プロジェクトでサノバテック社と提携したが、これによりトランスルーシア社のインド進出が確定することになった。

トランスルーシア社はタイに拠点を置き、アジア5大富豪の一つであるチアラヴァノン一族が所有するT&Bメディアグローバルの子会社。

「我がグローバルパートナーを含むサノバテックインディアと協力できることはとても喜ばしい。これらパートナーは、独自の専門知識、スキル、そして高度な技術をもたらし、トランスルーシア社の目標達成を支援することになる。インドの人材が品質、生産スピード、コスト効率、そして更なる雇用をもたらすため、サノバテック社が関与することは非常に重要だ」と同社CEOは述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja