ガッシュクラウドとスヌープドッグの息子コーデル・ブローダスが、SGで巨大なインフレータブルアートを公開

NFT

このイベントでは、10月にSomerset Youth Parkに設置される巨大なNFTのアートインスタレーション(※1)が展示される。ユーガラボが開発したチャンプ・メディチは、イーサリアム・ブロックチェーン上におけるユニークな1万個のNFTコレクションであるボアードエイプ・ヨットクラブ(BAYC)の一部を成している。ピーク時のボアードエイプのエントリー価格は40万米ドル(約57億円)にまで達した。(※1)インスタレーション (英語: installation art) は、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。

BAYCは現在でも非常に収益性の高い投資であり、2022年9月にはボアードエイプNFTが117万米ドル(約167億円)で落札されたりもしている。また、BAYCの発売により、エミネム、マドンナ、スティーブン・カリー、スヌープ・ドッグなど多くの著名セレブコレクターらを魅了した。

なお、シャンメディチの美しいラウンジは、ガッシュクラウド・インターナショナルがクリプト&Web3社らの協力を得て作り上げたものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja