中央アジア、南アジア、オセアニアの各地域で、暗号通貨への「最大の進入路」をNFTが実現

NFT

NFTが、中央アジア、南アジア、オセアニア(SWAC)における暗号投資の最大の推進役となる可能性がある。これもNFT関連銘柄が、暗号通貨サービス全体におけるウェブトラフィック(アクセス)の58%を占めているからだ。

チェイナリシス社は、P2EブロックチェーンゲームがNFTと「密接に結びついている」と述べており、多くのP2EゲームがNFT形式のゲームを提供していて、MagicEdenやOpenSeaなどのマーケットで販売が可能。

NFTは、現在CSAO(※1)で最も新進気鋭の暗号通貨だろう。また、チェイナリシス社のCrypto Adoption Indexにランクインした上位20カ国のうち、7カ国までをSWAC諸国が占めている。(※1)CSAOとは、Compagnie du Sénégal et de l'Afrique de l'Ouest(セネガル&西アフリカ・カンパニー)の略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja