メタバースにおけるデジタル・アイデンティティ・セキュリティに取り組む人たちが増加中

メタバース

今日、メタバースの発展に間違いはないが、それについて語られることはほとんどない。最も一般的なこととして、デジタルコネクションを切断しなくてはならない。これはたとえばSNSでの人とのコミュニケーションがある。この何気ないやり取りの中に個人情報を含むセキュリティが脅かされる危険性が潜んでいるからだ。

Teleperformance(テレパフォーマンス)社のホワイトペーパーは、インターネットマーケティングの先駆者たちにはおなじみだが、メタバースを「あらゆるビジネスのプライベートな体験の定義」と表現している。

携帯型デジタルIDを実現するスタンドアローン・ソフトウェア(※1)は、今のところ提供されていない。このままでは、やがて人々は新たな社会問題の犠牲になり始めるだろう。同論文によれば、今日のインターネット(サイバー)アタックは、ユーザーにまるで「自分が誰かと話している」と錯覚させることができると説明している。(※1) スタンドアローンとは、機器やソフトウェア、システムなどが、外部に接続あるいは依存せずに単独で機能している状態のこと。ーオフライン機能など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja