マジックエデン最高経営責任者:ソラナからイーサリアムNFTへの拡張は「ごく自然なこと」

NFT

ソラナNFTの主要マーケットである「マジック」は今日、Bored Ape Yacht Club(ボアードエイプ・ヨットクラブ)、Pudgy Penguins(パジーペンギン)、およびその他を含む多くのコレクティブ(共同体)のサポートを追加し、イーサリアム上での拡大を継続した。今後はさらに多くのサービスが追加される予定。

「Magic Eden(マジックエデン)」進化の第一歩として、8月に発表された「Magic Ethen(魔法のイーセン)」を推進。6月に同社が1億3000万ドル(約1兆8700億円)の評価額への引き上げを発表した際に初めて明らかになった。マジックエデンは、他のマーケットプレイスからの出品を集約し、自社プラットフォームに統合している。

マジックエデンの創設者兼CEOであるジャック・ルー氏が、GMディクリプト(暗号解読)ポッドキャスト最新エピソードにおける、マルチチャネル戦略について詳しく説明した。広範にわたるインタビューでは、1年前のちょうど今週にローンチしたマジック・エデンの急成長から、不安定なNFT市場までを網羅している。多くの使用事例が示すNFTのメリットを、重要な未来として今回、ルー氏は垣間見ることになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja