NFTが音楽ビジネスを、どう変えてしまうのか?

NFT

ここ数年で、ミュージシャンらはNFTを利用して新ビジネスチャンスやファン体験を生み出すようになった。英国で初めて1位を獲得したアルバム、ミューズの『ウィル・オブ・ザ・ピープル』、これもNFT技術を利用している。またスヌープ・ドッグが、いくつかのクリプトビジネスを立ち上げ、デジタル通貨への強い関心を示した。

コレクション販売からデジタル音楽まで、多くのインディーズアーティストがファンベースを構築しキャリアをスタートさせようと、コライトのような非公式プラットフォームを使うようになった。NFTがジャンル問わずアーティストたちを惹きつけるのは、これまであったさまざまな問題の解決力を持っているからに他ならない。

音楽業界においても最も難儀な課題は、資金調達だ。レガシーシステムの下では、多くのアーティストが、レコード会社に認められ、登録してもらい、作品を作り、それを宣伝拡散するのに必要な初期資金を作るのが大きな課題になる。だが、多くのアーティストらがここで躓き停滞しているのが現実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja