韓国・城南市、NFTを通じて市民権提供へ

メタバース

地元メディアの報道によると、韓国で12番目に人口の多い都市である城南市が、メタバースで街を再現し、NFT市民権を付与し、自治体情報へのアクセス提供を計画中とのこと。

その事実は

同市の計画によると、メタバースでのサービス開始は来年の5月か6月頃になる予定。同市民は、仮想世界都市プロモーション用に作られたNFT市民権により、さらに多くの自治体情報にアクセスしやすくなる。

城南市政府によると、NFTは10月に決定されるとのこと。首都ソウルはすでにメタバースで仮想都市を構築しており、先月、そのバーチャル存在感を示すテストが行われた。城南市は首都ソウルの衛星都市であり、居住人口はおよそ100万人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja