ニューヨーク・ファッション・ウィーク:2023年春夏シーズンのハイライト

メタバース

メタバース最新情報。ニューヨークで開催されるアンジェラ・リースのCNNファッションマンスの司会をジャッキー・パルンボ氏が務める。注目のJACI WANは、ビーズのガウンとデジタルTommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)を着用。英国人デザイナー、リチャード・クインと組み、クラシックなアメリカーナにモダンなテイストを加えている。

ニンフォンヤードでの発表は、ブラック、ホワイト、それにゴールドが主流だった。そのコレクションは、古代ギリシャの詩人サッフォーの刺激を受けている。 アルカ・オープンには、コートニー・クライン、クリスティ・ルーサー・キング、エマ・ワトソン、またケイト・モスなどが出席した。

2月19日以降、同ファッションウィークは新型コロナのオミクロン株発生により多くのショーが開催できなくなり、決定的な打撃となった。そんな中、ヒルフィガーとゴノラはロブロックスと組み、コレクションに「メタバース」的な存在感を与えている。

このスタート直後においては、それを受け入れるファッション・ハウスでありたいと思うし、担っていくことになるだろう。ちなみにワーナー・ブローシなら、ディスカバリー・カンパニー(※1)を使うはずだ。(※1)ディスカバリー(英:Discovery, Inc.) は、ニューヨークに本社を置く米国多国籍マスメディア・ファクチュアルテレビのコングロマリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja