デジタル化されたトゥンク・アブドゥル・ラーマンが、ネット民にメタバースを教授

メタバース

メタバース最新情報。たまに写真が祖母の記憶の断片に触れると、イヴァン・クー氏は彼女の心に入り込むことができる。常に寛大なカメラシャッターのように、彼の脳は何百ものアイデアを捉えはじめ、それらが破壊される前に保存しようとする。

時間が経つのを忘れ、もしも愛する人が奈落の底に落ちていくなら、見慣れた家族の顔が患者の人生の尊い伝説をつなぎ合わせてくれることをクー氏はつねに願っている。

生前に建てた家を壊そうと、夜盗のように潜んでいる認知症。しかしクー氏は、テクノロジーがこのうつ病との戦いの中で、失われたものを握る救いの手になり得ることに気づく。

Maxis Bhd(※1)が彼の会社Ministry XR(ミニストリーXR社)に旧正月キャンペーンを持ちかけたとき、うつ病に対する意識が高まった。クー氏と彼のチームは、患者がうつ病について考えるべく、データ駆動型アプリ「RE: Collection」を開発した。(※1)マクシス・コミュニケーションズ(Maxis Communications)は、1995年に営業を開始したマレーシアの携帯電話事業会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja