ディズニー、ストーリーテリング強化にテクノロジーの有効活用を計画

メタバース

「次世代のストーリーテリング」by ディズニー。メタバースを目指すチャペック氏(※1)は、テーマパーク訪問やストリーミングの習慣などのデータを使い、パーソナライズされたエンターテインメント・サービス提供を考えているようだ。(※1)ロバート・チャペック(Robert Chapek、1960年8月21日 - )は、アメリカ合衆国のメディアエグゼクティブ、実業家であり、ウォルト・ディズニー・カンパニーの最高経営責任者(CEO) 

彼は、人々が一緒に働くことができる3次元の永久的世界を作る計画をしていると言う。またディズニー社は、人々が一緒に働けるようにインタラクティブな世界を作りあげるだろう、と付け加えた。 

パーク事業部の新チーフ・エグゼクティブは、アニメスタジオ用の電子機器を組み立てている。彼はスタジオで新タイプのストーリーテリング用の電子機器を組み立てている人でもある。また同事業部は、メディア・テクノロジー部門のチーフ・エグゼクティブに、マイク・ホワイト氏を任命した。 

チャペック氏は、これが今後5年~10年の起爆剤になることを期待している。また、新しい次元のストーリーテリングを生み出すための新手法も考えているようだ。これに対しボブグリーン氏は、「彼らはちょうどその時期にいて、まさに驚きの連続だ。彼はとてもいいやつだが、本当に何をしたいのかを見失っているのかもしれない」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja