「プレイ・トゥ・アーン」ゲーム、勢い衰える。ゲームファイ・クリプトはどこへ向かうのか?

Gamefi

2021年の夏、東南アジアを席巻した新たなゲームファイ現象。その1年間の成層圏での上昇は、とくにフィリピンで顕著だった。そこでは、プレイ・トゥ・アーンNFTゲーム「アクシー・インフィニティ」の台頭が著しい成果を上げていたからだ。

オンラインゲームは、ハイテクに精通したフィリピン人らのおかげで、2025年までに15億2000万米ドル(約22兆円)まで達すると予想されている。

 アクシーインフィニティの成功は、現実世界の収入チャンスとカジュアルゲームの組み合わせによる良い成功例だと言える。アクシーインフィニティのプレイヤーは、国外から約3,690万米ドル(約5300億円)をフィリピンに送金している。

アクシーインフィニティ社による6億米ドル(約8兆6400億円)の侵害事件後に定着した権力構造により、プレイ・トゥー・アーンの長期的経済持続性に対するユーザーからの信頼は明らかに低下してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
Gamefi
続きを読む

ゲームファイ・ワールドに飛び込んで、Pac-Man Frog (PAC)、the Sandbox (SAND)、Axie Infinity (AXS)で、数百万ドル(数億円)稼ぐことも

Gamefiシリーズには、「パックマンフロッグ」「サンドボックス」「アックスインフィニティ」のゲームがあります。 P2Eゲームは、ブロックチェーンゲームです。 プレイヤーは...
ja