OpenSeaで最も取引されている資産としてイーサリアム・ドメイン名がNFTの最上位に

NFT

ENSドメインが、NFTマーケットプレイスOpenSeaで1位にランクイン。過去24時間の170%の販売急増に後押しされ、7日間の取引量でEthereum Name Service(イーサリアム・ネームサービス)がBored Ape Yacht Club(ボアードエイプ・ヨットクラブ)を逆転した形だ。

先週、ENSの取引量は2,305ETH、376万ドル(約5億4500万円)を超え、前週比で43%増となった。Bored Ape Yacht Clubは、並行して43%減の2,126ETHとなっている。

この7日間で9,000近いENSドメインが取引されたのに対し、BAYCのNFTはたったの16件だった。しかし、ENSのフロアプライス(コレクション内アイテムの最低価格)は16ドル以下、つまり0.01ETH未満であるのに対し、BAYC NFTの最低価格は76ETH、つまり約124,000ドル(約1800万円)になっている。 

この変更により、イーサリアムのブロックチェーンはプルーフ・オブ・ワークのアルゴリズムから切り替わる。ユーザーがコンピュータを登録できる唯一のところとしては、ネットワークセンスがある。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja