メタ社のフロップ時代にお金を払ってまで関わりたいと思うだろうか?

メタバース

メタバース最新情報。メタ社はある意味で中間期の危機を迎えているが、フェイスブック、インスタ、またWhizzChat(※1)機能の一部に課金することを視野に入れている。同社はまた、そのサイオニック(自然法則を超越した)アプリのためにbeReal(※2)をコピーしていたことを確認した。また一方で、広告業界はiOS広告トラッキングのために100億ドル(約1兆4000億円)もの大規模な資金調達を必要としているとのこと。(※1)WhizzChatは、クライアントまたはメンバーが相互に、またはサイトの管理者と会話できるようにする包括的なWordPressのチャットプラグイン。(※2)BeReal はフランス発のアプリで、24時間に一度、ユーザーに通知を送り、前面と背面のカメラを使って写真を撮影するよう促す。通知が届くタイミングは毎日変わり、ユーザーからは予測できないのと写真を加工するフィルターは使えない。  

メタ関連企業はメタバースから離脱し、新機能の実験に取り組みをしているようだ。新しいタイプの製品提供をする方法が発見できるが、そのパフォーマンス費用については私にアドバイスしなかったと、最初の有料機能プログラムを作った元メタ研究部長LZグランダーソン氏は話す。 

ヒーローが、共和党に雇われた場所で育っている可能性は十分あるが、かと言って悪役でもない。関係性を変え、大きな変化をもたらすことだってできる。スナップチャット、TikTok、またツイッターなどは現在、すべて有料プランの提供をしている。誰もがそのファンというわけではないが、ちゃんと理由があってしていることだ。つまり誰でも彼でもテレビ番組「snake(スネーク)」のファンだと決めつけることはできない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja