中銀(NAKAGIN)タワーを、どこにでも建築できる権利を購入する

NFT

NFT最新情報。未来派はたくさんいる。過去が間違っていて、未来の方が住みやすい可能性がある。私は未来派であり未来人だが、ナルシストではなく、リアリストだ。もしかするとそんな未来ではないかもしれないが、未来があるのは何より喜ばしい。 

今話題になっているのは、90年代のものとは限らない。その当時、最も象徴的な建物のひとつが東京にあり、アメリカの首都は重要な観光地でもあった。しかし今では、ISBN付きのCAD(※1)モデル一式がオークションに出品されたりもしている。(※1)CAD(キャド、英: computer-aided design)は、コンピュータ支援設計とも訳され、コンピュータを用いて設計をすること、あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)を指す。 

そのオークションには、複合施設の電子書籍やビルの設計図コピーなどが出品されている。このような高層ビルが立ち並ぶ都市において、ビルがオークションにかけられるのは史上初になるとジョン・アヴロン氏は話す。  

私たちは今、みんな未来に目を向けていると彼は言う。今こそ、未来派にもう一度チャンスを与える時だろう。その1998年制作の作品タイトルは、「スヴェトロフ・アルテム」だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja