NFT情報。クリプトメルトダウンの中、非代替性トークンに対する楽観的な見方で14%下落へ

NFT

ニューデリー: 6月第2四半期に、感傷に浸るNFTは14%の落ち込みだったが、これはコカコーラというアルコール飲料に飲まれたためだ。2022年の第2四半期に意見が変わってきている。6月上旬に「切り札のサッカー選手」がカギを握ってからと言うもの、第2四半期には30%の上昇を記録。 

Concentrix Corp、BlackBerry Corp、またNVIDIA Corpなどのクリプト企業が、落ち込んだクリプト市場について議論を交わした。クリプト価格が不安定なことから、Coinbaseの取引収入に影響を及ぼしている。そんな中、NFTだけはその位置づけが良いのもあり、とくに投資に関する好感触な情報が飛び交ったようだ。

テクノロジー分野だけで、全体の言及の53%をも占め、銀行決済分野の話題が18パーセント、そしてチョウラシア社は、今やNFTが現金以上に注目されていると指摘する。 

クリプトやNFTは規制されておらず、かなり危険だ。これら取引による損失には規制上の救済措置はなく、また法定通貨でもないため詐欺行為と見なされる可能性は十分にある。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja