君はメタバースで、1日に4時間も過ごせるだろうか?

メタバース

メタバース最新情報。これら企業が普通に仕事をすれば、我々は買い物をしたり、エンターテイメントを楽しんだり、探索したりすることができるようになる。中には非現実的に思えるものもあるが、それは私たちが仮想世界について感じていることのほんの一部だと、ボブグリーン氏は説明する。 

さらにグリーン氏は、人々がこうした所の体験準備ができたかは不明だが、至って現実だと言う。メタバースなら、ユーザーが仮想現実に没頭できる。それは「メタバース」と呼ばれ、ユーザー同士のリアルタイム交流ができるようになる。 

1992年の映画「スノークラッシュ」で主演したニール・スティーブンソン氏は、地球の現実がパラレルワールドと並行して存在し、そこではまるで市民のアバターが互いに交流しているような世界。そこでの1日6時間は、ベビーブーマー世代の18時間に該当するようなものだと報告した。 

オンラインショッピング、医療、講座などに人気が集まっている。報告によると、仕事復帰のためにするべきことは多いが、仮想世界でのミーティング参加をイメージする回答者は37%しかいない。28%がメタバースデートをイメージしているとのデータがある。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja