NFTとEコマース世界との関係

NFT

NFTは、ブロックチェーン上の取引用に作られたユニークなデジタル資産だと言えるが、企業らにとってはすでに基本的なビジネス単位になりつつあり、使い過ぎになっている嫌いはある。

NRTFはデジタル形式であり、通常はイーサリアムで取引される。膨大なユーザー・データベースのもと、取引は容易にアクセス可能になる。これによりブロックチェーン上では、とんな商品でも保存でき、そして安全性が高く、追跡もしやすい。また一般的にほとんどの芸術品はとても高価だが、NFTアートの場合は一つの作品の所有権を分散して、購入しやすくしている。 

アーティストらは自分の音楽を断片化したトークンとして販売できるので、広告主への支払額を軽減できている。ファッション業界としては、NFT導入によりQRコードでデザイナーを確認し識別できるようになる。ブロックチェーン独自の識別機能により、偽造されたファッションデザインなどを簡単かつ正確にはじき出せるメリットは大きい。 

ゲーマーはスキン、コレクションアイテム、武器、マップなどが購入可能。従来は、偽造された模造品は貿易規制や卸業者不在のケースで行われて来たが、これからはNFT取引がブロックチェーン上で行われることにより、それらの不正を未然に防ぐことにも繋がる大きなメリットがあると、サリー・コーン氏は力説する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja