アフィンの「ジェネレーション・ゼロ・バディーズ」NFTコレクション、発売後6週間で元値の30倍超の高値に到達

NFT

アフィンの「Gen 0 Buddies(ジェネレーション・ゼロ・バディーズ)」NFTは、出品後わずか100秒で完売。同社はこのほかにも、NEXUS World Land(ネクサス・ワールドランド)の販売を数回に分けて開始する予定だ。また、アフィンは2022年9月30日に「alpha: our journey from zero to one event」の連載を開始する予定でいる。 

COMは、私たちの非暴力的テクノロジーが、個人の新しいチャンスを開くと話し、そして私たちのテクノロジーは環境に対する脅威ではなく、社会的安全保障への脅威になると断言してくれた。最初のNFTを売ってからと言うもの、それが他ならぬ底値の改善に役立った。 

セコンドNFTも、購入してからだいぶコストは上昇した。アメリカでは引き続きファーストNFTを販売しているが、しばらくはこのまま行く予定のようだ。彼らとしては、現実世界での実用性を持ちつつ、究極的にはコミュニティをより充実させてなお役に立つ、そんなプレイヤーズエコノミーであり続けたいと言う思いがある。CNN.comのジョン・マッカーシー氏としても、このプレイヤーエコノミーにとどまりつつ、私たちのコミュニティとつながり続けたいと語っている。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja