ボアードエイプ・ヨットクラブNFTとは

NFT

NFT誕生から5年、だが本当にNFTブームが始まったのは2021年なってからだ。それは業界全体を具現化するまでになり、さらに1万匹の漫画の猿NFTコレクションアイテムである「Bored Ape Yacht Club(ボアードエイプ・ヨットクラブ)」の発売とほぼ完全に重なった。 

ビットコインがクリプト市場全体にとってそうであるように、BAYCは過去1年間においてNFTの先駆者となった。NFTが最も加熱した4月には、ボアードエイプ・ヨットクラブNFTの販売スタート価格は40万ドル(約5340万円)であった。

 連邦準備制度理事会がインフレ対策として取り入れたインフレ率の引き上げによるクリプト全体の暴落を受け、結局は15万ドル(約2000万円)近くまで落ち込むことになった。これは史上最高値から程遠く、これらNFTが昨年4月には1枚約200ドル(約26700円)で販売されたことを考えれば、とても正気の沙汰とは思えない。これはおそらくBAYC価格をチェックしていなかったとしても、いやでも目にとまるほどの出来事だったはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja