釜山IT産業プロモーション・エージェンシー、2022年グローバルメタバース開催へ

メタバース

釜山ビジネスインダストリー・プロモーション(経済産業振興会議)がセカーランドにて開催される。釜山広域市の科学情報通信部(Ministry of Science and ICT)が、NIPEAの代表を務めている。

Global Metaverse Conference(世界メタバース会議)では、「Metaverse, Starting a New World(メタバース、新世界をスタート)」をテーマに、メタバース、NFT、ASEANとの連携チャンスなどについて発表と議論が行われる。

そこではまた、実体感コンテンツに関するコンセプト開発方針や、ASEAN市場でのコラボの可能性についても議論される予定。

8月18日の、メタバース関連の世界的動向と戦略が、ハオ・リー氏によって発表された。これにはAIコンピューティング企業のNVIDIAと、AMDのCEO、Pinscreen(ピンスクリーン)氏が関わっている。またディロン・セオ氏(Oculus、Deutsche Telekom Capital Partners in South Koreaの地域担当マネージャー)などが登壇する。

8月19日のASEAN-ROKフォーラムでは、ASEAN-ROK地域におけるメタバース関連の政策や市場開発の現状に焦点を当てていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja