Twitchの共同設立者でありNFTゲーム投資家、「Play-to-Win」タイトルの現行モデルに疑問

NFT

Twitter(ツイッター)の共同創業者であるJustin Kan(ジャスティン・カン)氏が、NFTゲームに3500万ドル(約4700億円)を調達したが、「なんだかよくわからない」というのが本音のようだ。彼は他のゲームを用いフェイスブック、ツイッター、またインスタなどでも資金集めをしている。現モデルのタイトルが、疑念を生みだしているとのこと。

ビジネスインサイダーで、カン氏がテッククランチと対話するのを聞いたことがある、とジョン・エイブロン氏。

これに対しビジネス・インサイダーは、「いいやつだが、経験が少ない。その上で、プレイヤーにplay to Winしか与えられていないのは良くない。基本的な下働きだけで、ほとんど発展途上国の人たちと言われてもしかたない。

みんなNFTやテレビゲームにハマって、金儲け中毒に陥っている。何においても初めからできないと思えば当然ながら興味も失せるものだと彼は言う。

色んなレベルのビデオゲームがプレイできる、実際のマーケットを作りたい。中にはうまくない人もいるが、そんな彼らでさえ色んなレベルの選択肢を持てるようにしてあげたいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja