メタバースのオフライン版、デジタルアートギャラリー・テレポートへようこそ

メタバース

Eremyan Teleport(エレミアンテレポート)は現在、再びシンガポールでメタバースアート展を開催することを検討している。Raze、グランドハイアット、ミズノらと協力して、とてもユニークなプロダクトを作り上げた。近々、さらに大規模な展覧会の開催を控え、すでに話し合いが始まっている。エレミアンは、2017年に、友人の未来ドキュメンタリー作成を手助けしている。 

画面外のストーリーは新しいスキルのため、これまでとは異なるスキルが必要だと彼はいう。実店舗では、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、そしてプロジェクションマッピング(※1)などを使って、商品を紹介している。 (※1)映画館のような専用のスクリーンではなく、凹凸のある壁面や、建築物・家具など立体物の表面にプロジェクターで映像を投影する手法。  

マッキンゼー&カンパニーの「The Metaverse」というレポートによると、2030年までには経済的価値が5兆ドル(約665兆円)に達する可能性があるとのこと。香港のHarsa masksでは、16メートルのプロジェクションインスタレーションで物を投影していた。エレミヤンは、それらをじっくり活用することで、大企業を呼び込めるのではないかと感じた。 

アーロン・キャロル:ゲーミフィケーション(※2)とパーソナライゼーションという点では、ブランドによる大きな前進が見られた。今こそブランドが、この領域において実験するべきだと彼は言う。それにより失敗を重ね、そこから学び、どのように再構築できるかを考えるのが重要になる。 (※2)ゲーミフィケーションという言葉は「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という意味の単語「ゲーム化(Gamefy)」から派生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
続きを読む

【NFTアートアワード】メタバース「XANA」にノミネート作品のギャラリーをオープン!

NOBORDER.z FZE CEO:株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:久保理夫)は、株式会社ポニーキャニオン企画(代表取締役社長:前田和哉)、株式会社フジクリエイティ...(株式会社ポニーキャニオン(代表取締役社長:前田和哉)、株式会社フジクリエイティ...
ja