インドネシアのフードテック企業GREENSがEast Venturesを引受先とするプレシードファンディングを実施

メタバース

メタバース最新情報。GREENS(グリーンズ)は、East Ventures(イーストベンチャーズ)が主導しながら、他の投資家が支援するプレシード(設立準備段階)資金調達ラウンドで、非公開の金額調達を成功させた。同スタートアップは、グリーンズプラットフォーム上で機能するハイパーローカル・フードエコシステムだ。

グリーンは、メタファーミングの自家栽培コンセプトにより、誰もが平等に食料を得られる形をゴールとしている。 

このスタートアップ・ソリューションは、90%も少ない水量と、70%の少ない面積、そして農場から食事までの距離をゼロにし、その場で栽培・収穫した栄養価の高い食事を摂取できるという、新しく超ローカルなフードエコシステムだ。 

アンディは15年以上テック系スタートアップを構築した経験があるスタートアップ・トランスフォーマー。またブロックチェーン認定者であり、供給チェーンとFB認定者でもある。アンディとエルヴィンは、オハイオ州立大学に出入りをする間柄だ。 

ジェラルディ氏は、コンピュータサイエンス学士号を持つロボット工学の天才だ。食品製造や自動化に関する高度な教育を受けている。もしそうなれば、あなたの出番はないと彼は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja