NFTコーナー:ルルランド&エイリアン秘密結社のNFTはどうなっているのか

NFT

ルルランドワールドは、NFTとしてThe Sandboxに出店している。そのバーチャルシティには膨大な数のアイテムとサービスがあり、Web3で「広告ソリューション」をうたっている。ルルランドは5月に「Genesis/ジェネシス」プレミアムパスの作成を開始し、パスがあれば「ルルソード」などのデジタルゲーム内アイテムを入手できる。

エイリアン秘密結社プロジェクトは、A$$クラブと呼ばれる高級ビジネスクラブであり、NFT(9,999体)がエイリアン・キャラクターとリンクし、それぞれのキャラクターが独特の個性を発揮している。

2022年5月には、すでにルルランドワールドNFTは発売されたが、Beeple(ビープル)やPakの作品のようなインパクトを与えることは出来なかった。Lulu(ルル)という別マーケットでもランドNFTは販売されている。同プロジェクトの成否について今後数カ月内には明らかになる。

一方、エイリアン秘密結社NFTは、マニアらからの高値落札に失敗したようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja