コカ・コーラ、コアブランドを優先し、メタバースに注力することで中国事業を強化へ

メタバース

コカ・コーラは6月現在、中国でのブランド力が向上している。2022年第2四半期の世界売上高は12%増で、今、1株当たり11ドルに。総額は約330億ドル(約4兆3270億円)で、予想をはるかに上回っている。

ボブ・グリーン:チャーリー&フロッグスがテレビに登場したのは1967年のこと。この番組で9000万ドル(約1兆2000億円)の損失を出したという。そしてグリーン氏は会社の営業利益が2340億ドル(約30兆7072億円)に達したという。「Coke byte」は、メタバースに刺激された歌詞の2枚組アルバムで、トップ・ストック・キープ・ユニットを優先し、またデジタル・エンゲージメントとEメールにリソースを再配分したようだ。

上半期に10種類以上の新製品を発売し、コカ・コーラストアは前年比18%増、そしてメール添付ギミックが功を奏した。また中国の若者を取り込むのに、10品目を5月に発売。コーラ・ユニットケースの数量は、四半期で前年比8%増、スパークリング飲料樽入りコカ・コーラが8%の増加。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja