メタバース不動産は実在する - そして、列をなして売り出される

メタバース

アレクサンダー・チームとエブリレアルムは、会員向けに初のバーチャル・メタバースコミュニティを立ち上げようとしている。そのプロジェクトは、多才なアーティスト集団によってデザインされている。 

メタバースに作られた初のコミュニティになる。もしあなたがメンバーなら、最初あなたに報告するのは、他でもないあなた自身だ。列の仮想プロパティは、アーティストのDaniel Arsham(ダニエル・アーシャム)、Misha Kahn(ミーシャ・カーン)、AndréGlass box house(アンドレグラス・ボックス・ハウス)、そして一日を通して太陽のように感じられる特別なアイテムによってデザインされている。 

彫刻の列は、視覚的にかなりのチャレンジだった。そういうことになる。だがメタバースでは、多くのものを追いかける必要はない。季節によって変化する外観の色に基づき、そこには5つのバージョンのアレスハウスが登場。 

それぞれの建物は「3D建築ランドマーク」と銘打たれ、今年後半に1点物NFTとして販売される予定。さらに今後、もっと多くのバーチャル・ランドマークが誕生することを期待している。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja